これからの卵の安全キーワード、それは「健康と食の安全」。oeuf(ウフ)は、それを確実により良く向上させるための企業連合体です。
ホーム 事業内容 会社概要 オンラインショップ 新着情報 参加企業 外部リンク

oeufの安全管理体制/生産体制フローチャート


より高い品質基準で安全を確保


oeufグループでは、各社ごとの安全基準の他、統一されたマニュアルにより、卵の品質をより高いレベルでの均一化を目指します。徹底した検査による安全管理体制で、各工程を厳しく管理し、食の安全に取り組んで参ります。


農場
集卵 毎日生まれた卵を集めて、汚れが酷い卵やヒビが入った卵、奇形卵を取り除きます。
▼次へ
集荷 集卵された卵は鶏舎(ロット)別にまとめて、GPセンター(洗卵・選別・包装する場所)へ運ばれます。
GP工場 ▼次へ
原料受入 農場から運び込まれた卵は、洗卵・選別されるまでの間、適切な温度管理の元、専用の保管場所で管理します。
入荷した卵は卵質検査を行い、品質を確認します。
原料検査 ▼次へ
洗浄 55℃〜60℃の洗浄殺菌水で卵殻表面の汚れや雑菌を除去します。
▼次へ
検卵・選別 規格外卵(ヒビ卵、汚れ卵、奇形卵など)を検査・除去し、計量後、規格(サイズ)ごとに振り分けられます。
表面殺菌 ▼次へ
包装 振り分けられた卵は賞味期限をつけて、包装(パック詰めや箱詰め)されます。
製品検査 ▼次へ
出荷 出荷