oeuf これからの卵の安全キーワード、それは「健康と食の安全」。oeuf(ウフ)は、それを確実により良く向上させるための企業連合体です。
ホーム 安全管理体制 安定供給体制 参加企業 ブランド卵紹介 卵レシピ

鈴木茜先生が作った卵料理レシピ紹介
オムライス 出来上がり写真 オムライス
 材料(4人分) 1人分628kcal

(4本分)
●卵…4個
●砂糖…大さじ2
●塩…小さじ1/2
●サラダ油…適宜
●米…2合
●合わせ酢(米酢70cc、砂糖大さじ2、塩小さじ1/2)
●かに風味かまぼこ…10個

 作り方
1》 薄焼き卵を作る
卵は砂糖と塩をいれてよく解きほぐす。
フライパンを熱しサラダ油をなじませて、薄焼き卵を作る。
(菜ばしを使って裏返すといい。)
端を切り落として四角い形にしておく。
切り落とした部分は千切りにする。
2》 寿司飯を作る
米は普通の水加減で仕掛け、蒸らし終わったらすぐに合わせ酢とあわせて、人肌くらいの温度に冷ましておく。
3》 巻きすの上に薄焼き卵をのせてその上に寿司飯を伸ばしていく。向こう側1cmのりしろとして残しておく。
4》 かに風味かまぼこを手前にのせて巻きすでしっかり巻いていく。
5》 包丁で食べやすい大きさに切り、あれば木の芽を飾る。
   

Point
卵は調味料を入れてからときほぐすと、色よく仕上がります。


このページのトップへ戻る
ちらし寿司 出来上がり写真 ちらし寿司
 材料(4人分) 1人分100kcal

●米…1C
●水…1リットル(米の5倍の水)
●卵…2個

 作り方
1》 米を研いで、ざるに上げて水気を切り、水に漬けておく。(夏は30分、冬は1時間)
2》 強火にかけて、沸騰したら弱火にして、蓋をずらして40分ほどかけて炊く。
吹きこぼれしないように注意
3》 ときほぐした卵を加える。
   

Point
卵を加えて栄養アップ!


このページのトップへ戻る
ポーチドエッグのパンサラダ 出来上がり写真 ポーチドエッグのパンサラダ
 材料(4人分) 1人分198kcal

●卵…8個
●砂糖…大さじ3
●みりん…大さじ2
●塩…小さじ1/2
●出し汁…150cc
●大根…5cm
●醤油…少々

 作り方
1》 だし汁をつくり、人肌くらいに冷ましておく。
2》 卵と調味料を合わせてときほぐして、だし汁を入れて混ぜ、ストレーナーで濾す。
3》 卵焼き機またはフライパンに薄く油を塗り、前面に卵を流し、巻いていく。これを繰りかえす。
4》 大根をおろして軽く水気を絞っておく。
5》 焼きあがった卵に大根おろしをのせて、醤油をたらしていただく。
お弁当なら容器の高さに合わせて切りましょう!
   

Point
だし汁と合わせたら漉しましょう!


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(4人分) 1人分50kcal

●トマト…1個
●ネギ…1/2本
●春雨…10g
●卵…2個
●水…4C
●鶏ガラスープの素…大さじ1
●酒…大さじ1
●塩・コショウ…少々
●ゴマ油…少々
 作り方
1》 トマトは2cm角に切っておく。ネギは斜め千切りする。春雨は水で戻しておく。
2》 鍋に水と調味料を入れて、火にかける。
3》 1.と春雨を入れて、材料が温まれば、沸騰させたところにときほぐした卵をくわえる。
   

Point
卵のたんぱく質と、トマトのビタミンで美肌にいいですよ。


このページのトップへ戻る
ポーチドエッグのパンサラダ 出来上がり写真 ポーチドエッグのパンサラダ
 材料(4人分) 1人分245kcal

●卵…4〜5個
●筍(水煮)…1個
●がんもどき…4個
●だし汁…3C
●みりん…大さじ2
●砂糖…大さじ1
●塩…小さじ1/2
●醤油…大さじ2
●いんげん…8本

 作り方
1》 卵は沸騰後13分ゆでて殻をむいておく。
2》 筍は根元はいちょう切りか半月切り、穂先は串切りにしておく。
水になら臭みを消すために下茹でしておくとよい。 【写真1】
がんもどきは油抜きをして水気を絞っておく。
3》 いんげんはさっと茹で、水にとり5cm長さに切っておく。
4》 だし汁と砂糖、みりんを合わせて筍とがんもどきを煮る。落し蓋をして中火で10分。
5》 醤油と塩を加えて、卵を入れて中火で15分。
【写真2】
6》 火を止めて味をなじませる。茹でたいんげんをだし汁につける。
7》 味がなじんだら盛り付けして出来上がり。
 
【写真1】
   
【写真2】

Point
ゆで卵はさっと火を通してそのままおいて、味をしみこませましょう。


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(4人分) 1人分200kcal

●卵…6個
●砂糖…大さじ3
●塩…小さじ1/3
●酒…大さじ2
●ネギ…1本
●生椎茸…3個
●エリンギ…1本
●シメジ…1/2P
●サラダ油…大さじ2
●かに…50g

*合わせ調味料
●鶏ガラスープの素…小さじ1
●酒…大さじ1
●醤油…大さじ1
●砂糖…小さじ1
●水…200cc
●水溶き片栗粉
(片栗粉小さじ2・水大さじ2)

 作り方
1》 卵は調味料を加えてよくほぐしておく。
2》 ネギは斜め千切り、生椎茸とエリンギは千切り、シメジは石突を取って、ほぐしておく。
3》 中華鍋に油を熱し、2.を炒める。きのこに火が通ったら、1.のボールに入れる。かにもほぐして加える。
4》 中華鍋に油を熱し、3.をかき混ぜながら半熟にして焼き面が固まったら裏返して両面焼く。
5》 合わせ調味料を小鍋に煮立て、水溶き片栗粉でとろみをつける。
6》 かに玉の上にかけていただく。
   

Point
強火で手早くまとめると、ふわふわのかに玉に!


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(2人分) 1人分770kcal

●スパゲッティ…200g
●ベーコン…2枚
●たまねぎ…1/2個
●バター…大さじ1

*パスタソース
●卵…2個
●パルミジャーノチーズ
(粉チーズ)…大さじ4
●生クリーム…大さじ2
● 牛乳…大さじ1
●塩…一つまみ
●黒コショウ…少々

*仕上げ
●パルミジャーノチーズ…適宜
●黒コショウ…適宜

 作り方
1》 ベーコンは1cm幅に切る。たまねぎは千切りにする。
2》 フライパンにバターとベーコンを入れて、ベーコンから油が出たらたまねぎを加えて炒める。
3》 パスタソースを合わせておく。
4》 パスタはたっぷりのお湯で1%の塩加減でアルデンテにゆでる。
5》 パスタが茹で上がったらざるに上げ、フライパンに移す。3.のパスタソースも加えて、極弱火で、ソースにとろみがつくまでかき混ぜる。ときどき火からはずして様子を見ながら作業すると失敗しにくい。
6》 とろみがついたら皿に盛り付ける。黒コショウをたっぷりと、チーズをお好みでかけながらいただく。
   

Point
ソースは極弱火で気をつけながらとろみをつけましょう!


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(2人分) 1人分708kcal

●中華生麺…2玉
●酢・ゴマ油…各大さじ1
●豚ロース肉…100g
●卵…2個
●キュウリ…1本
●もやし…1/2袋
●レタス…1〜2枚
●トマト…1個

*手作りタレ
●水…1.5c
●鶏ガラスープの素…小さじ1
●砂糖…1/4C
●酢…1/4C
●醤油…1/2C
●塩…少々
●ゴマ油…大さじ1
●練り辛子…少々

 作り方
1》 鍋に、水と鶏がらスープの素を入れて火にかけ、豚肉に火を通す。やっと火が通ったくらいで取り出しておく。醤油・砂糖各小さじ2をからめておく。(分量外)
2》 1.にそのほかの調味料を入れて冷やす。
3》 卵は、砂糖小さじ1と塩少々を入れてよくときほぐし、薄焼き卵を作る。千切りにする。
4》 キュウリも千切りにする。もやしは水から茹でて、ザルにとって、ひろげてさます。
5》 レタスは一口大に手でちぎる。トマトは串切りにする。
6》 中華麺を茹でて、冷たくなるまで、よく洗う。水気を切り、酢とごま油で下味をつけておく。
7》 器に麺を盛り、具をきれいに並べる。タレをたっぷりかけていただく。
   

Point
具沢山でタレたっぷりがおいしいポイント


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(4人分) 1人分198kcal

●牛カルビ肉又は、
 合いびき肉…200g
●卵黄…4個
●コチュジャン…適宜
●ご飯…適宜
*タレ
醤油大さじ2、砂糖小さじ2、酒大さじ1、白すりゴマ大さじ1、
すりおろし果物大さじ1、ネギのみじん切り大さじ1、にんにくのみじん切り小さじ1、ゴマ油小さじ1

*野菜味付調味料
ゴマ油小さじ1、にんにく小さじ1/2、ネギ小さじ1、白すりゴマ小さじ2、塩・コショウ少々
●にんじん…小1本
●ほうれん草…1ワ
●豆もやし…1ワ
●干ししいたけ…4枚
 作り方
準備 ●ネギとにんにくのみじん切りを作っておく。
● 牛肉はタレをかけて15分以上置いて味付けしておく。
● 干ししいたけを戻しておく。
1》 つけておいた肉をフライパンで焼いておく。挽肉なら、色が変わるまでしっかり炒めておく。
2》 にんじんは千切りにして、ごま油で炒めてしんなりしたら、にんにく・ネギ・白すりゴマを加え、さらに炒める。塩・コショウで味付けしておく。
3》 ほうれん草は茹でて水にとり、よく絞って、2.と同様に炒めて味付けしておく。
4》 豆もやしは水から茹で、沸騰したらざるに上げ、水気が切れたら熱いうちに味付けしておく。
5》 干ししいたけは千切りにして、2.と同様に炒めて味付けしておく。
6》 白いご飯を器に盛り、具をきれいにのせる。真ん中に卵をのせて、コチュジャンをからめながらいただく。石焼にしてもよい。
   

Point
卵とからめるのがおいしいポイントです。


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(4人分) 1人分96kcal

●海老…24尾
*下味
酒小さじ2・片栗粉大さじ1・油大さじ1
●にんにく…1片
●しょうが…1片
●ネギ…1/2本
●豆板醤…小さじ1〜2

*合わせ調味料
●トマトケチャップ…大さじ3
●砂糖…大さじ2
●酒…大さじ1
●醤油…小さじ2
●オイスターソース…小さじ1
●酢…小さじ1
●水…150cc
●片栗粉…大さじ1/2

●卵…2個

 作り方
1》 海老は殻と背ワタをとり、下味用の調味料を順番にもみこんでいく。
2》 にんにく・生姜はみじん切りにする。ねぎは斜め千切りにする。
3》 合わせ調味料を合わせておく。
4》 フライパンに油を熱し、海老にさっと火を通してとりだす。(表面が赤くなればOK)
5》 さらにフライパンに油を熱して、2.を軽く炒め、トオバンジャンも入れて油が赤くなるまで炒める。
6》 3.の合わせ調味料を加え、かき混ぜながら煮立て、とろみがついたら、海老を戻しいれる。卵2個を良くほぐしておき、煮立っている調味料にとじる。
   

Point
卵は最後に入れてふわふわの仕上がりにしましょう。


このページのトップへ戻る
海老とアナゴの茶碗蒸し 出来上がり写真 海老とアナゴの茶碗蒸し
材料(4〜5個分)1人分100kcal

●卵…2個
●だし汁…360cc
●塩…小さじ1/3
●薄口醤油…小さじ1
●みりん…大さじ1
●生椎茸…2枚
●鶏ささ身…1本
●醤油…少々
●酒…少々

●海老…8尾
●酒…少々
●塩…少々
●煮アナゴ…1本
●三つ葉…適宜
 作り方
1》 卵液を作る
卵はよくときほぐしておく。
だし汁を人肌くらいの温度にさまして卵と混ぜストレーナーで濾す。【写真1】
調味料で味付けしておく。
2》 生椎茸はそぎ切り、鶏ささ身もそぎ切りにして酒と醤油をからめておく。
3》 2.をお椀に入れ、1.を静かに注ぎいれる。
4》 飾りの具を準備する
海老は背わたをとり酒と塩で下味をつけておく。
煮アナゴは2〜3cm幅に切っておく。
三つ葉は結び三つ葉にする。
5》 蒸し器で蒸すか大きめのふたつき鍋に3cmくらいの水を入れてお椀を並べて蓋をする地獄蒸しで蒸す。
沸騰まで強火、沸騰後中火に落として5〜6分、その後弱火に落としてスが入らないように蒸しあげる。
6》 途中で4.の具を上にのせて、海老に火が通り、卵液が固まったら出来上がり。
 
【写真1】
   
【写真2】

Point
だし汁が冷たすぎると火を通すのに時間がかかる上、急激な温度変化でスが立ちやすくなります。
1個か2個を蒸す場合は地獄蒸しが便利です。 【写真2】
ぴったり蓋をしているとスが立つ原因になりますので、蒸し器か鍋の蓋は少しあけておくとよい。


このページのトップへ戻る