oeuf これからの卵の安全キーワード、それは「健康と食の安全」。oeuf(ウフ)は、それを確実により良く向上させるための企業連合体です。
ホーム 安全管理体制 安定供給体制 参加企業 ブランド卵紹介 卵レシピ

鈴木茜先生が作った卵料理レシピ紹介
オムライス 出来上がり写真 オムライス
 材料(4人分) 1人分450kcal

●ごはん…2合分
●たまねぎ…1/2個
●ベーコン…2枚またはとりムネ肉1/3枚
●バター…20g
●塩・コショウ…少々
●ケチャップ…大さじ4
●卵…4〜8個
(1人分1〜2個が目安。卵1個につきにつき砂糖小さじ1、塩・コショウ少々、牛乳大さじ1)
●バター…適宜
●ケチャップ…適宜
●パセリ…適宜
 作り方
1》 たまねぎは荒みじん切り、ベーコンは1cm幅に切る。鶏肉なら、1cm角に切る。
2》 フライパンにバターを熱し、たまねぎとベーコンを炒める。
3》 たまねぎが透き通ってきたら、ケチャップを加えて、酸味を飛ばすように炒める。
4》 ご飯を混ぜ込み炒める。ご飯を混ぜすぎると粘りが出るので、注意。
5》 卵は1人分につき、1個〜2個を調味料を入れてときほぐしておく。
フライパンを熱して、卵を流し、手早くかき混ぜる。半熟で火を止めて、ご飯をのせる。
卵とご飯をまとめてお皿に出し、ケチャップと、パセリを添える。
   


このページのトップへ戻る
ちらし寿司 出来上がり写真 ちらし寿司
 材料(4人前) 1人分480kcal

●米…3合
●すし酢(米酢90cc、砂糖大さじ4、塩大さじ1/2)
●干ししいたけ…4枚
●ニンジン…小1/2本
●小揚げ…2枚
●レンコン…1節
●調味料A(だし汁1C、砂糖大さじ2、醤油大さじ1、みりん大さじ1)
●茹でエビ…8尾
●甘酢(米酢大さじ2、砂糖大さじ1、塩一つまみ)
●卵…4個
●調味料B(砂糖大さじ2、塩一つまみ)
●絹さや…8枚
●しめさば…半身分
●とびこ…適宜(いくらでもよい)
 作り方
1》 すし飯を作る。
米を研いで給水させ、普通の水加減で炊く。炊き上がったら蒸らして、すし酢を合わせる。
2》 混ぜる具を煮る。
シイタケは水でよく戻して千切り、レンコンは薄めの半月切りかイチョウ切り。
にんじんと小揚げは短冊切りにする。
調味料Aでほぼ汁気がなくなるまで煮る。
3》 飾りの具を作る。
エビは甘酢につけておく。
卵は調味料Bを入れてよくときほぐし、錦糸卵にする。
絹さやはさやを取り、色よくゆでておく。
4》 合わせる。
すし飯と2.を混ぜ合わせて、エビや卵、絹さや、しめさば、いくらなどを飾る。
   


このページのトップへ戻る
ポーチドエッグのパンサラダ 出来上がり写真 ポーチドエッグのパンサラダ
 材料(3-4人分)1人分250kcal

●卵…2個
●酢…大さじ1
●塩…少々
●ほうれん草…1ワ
●ベーコン…2枚
●食パン8枚切り…2枚
●バター…少々
●オリーブオイル…大さじ3
●ワインビネガー…大さじ2
●マスタード…大さじ1
●塩・胡椒…少々
 作り方
1》 卵は酢と塩を加えた熱湯(500cc)に1個ずつ落とし入れる。
弱火で静かにゆでて白身が固まれば取り出して水気を拭く。
2》 ベーコンは炒めて取り出す。
3》 ほうれん草は葉の部分をちぎって茎と分けておく。
4》 パンはトーストして食べやすい大きさにちぎる。
5》 ドレッシングを作り、盛り合わせる。
   


このページのトップへ戻る
鶏つくね 出来上がり写真 鶏つくね
 材料(3-4人前)1人分279kcal

●鶏モモ挽肉…300g
●玉ねぎ…100g
●しょうが…1片
●パン粉…1/4C
●卵…1コ
●A(醤油大さじ1・みりん大さじ1・塩ひとつまみ)
●サラダ油…2〜3大
●照り焼きダレ…
B(醤油大さじ2、みりん大さじ2、砂糖大さじ1、水大さじ2)
水溶き片栗C(水大さじ1・片栗粉小さじ1)
●ゆで卵…適宜
●山椒…少々
 作り方
1》 玉ねぎとしょうがはみじん切りにする。
2》 鶏ひき肉に、1.とパン粉、卵、Aの調味料を全部合わせて軽く練る。練りすぎると生地が柔らかくなって形が作れなくなるので注意!
3》 12等分にしてしずく型にまとめ250度のオーブンで10〜15分焼く。竹串をさして澄んだ汁が出てくれば火が通っている。油を熱したフライパンで焼いてもよい。
4》 Bのたれの調味料を加熱する。煮立ったらCの水溶き片栗を泡立て棒でかき混ぜながら加えてさらに1分加熱する。
5》 ・をつくねにからめて、卵をそえて盛り付けする。
お好みで山椒をかけていただく。
   


このページのトップへ戻る